トップページ > お知らせ > 甘さも大きさも魅力的! あまおうの魅力にせまる

福岡のいちごは世界にも羽ばたいているのです

 福岡のいちごといえば、福岡県だけでしか栽培されていない「あまおう」です。福岡県下のJAグループでは「博多あまおう」のブランド名で販売しています。

 2001年に「福岡S6号」として次期推奨品種に決定され、品種登録出願。そこから5年の月日をかけ、2005年、「あ」かい、「ま」るい、「お」おきい、「う」まいの頭文字をとって、“あまおう”と名づけられました。日本国内でも評判ですが、香港を中心に、海外にも輸出され人気が高いいちごです。


甘さにもサイズにも大満足! まさに、いちごの“王様”

 福岡市内では、西区の金武、周船寺、今津、元岡、北崎、東区の志賀島、三苫などで栽培され、12月〜3月の冬季に収穫されます。果実が大きく、形が整っており、光沢もある赤い色が目にもあざやか。糖度が高く、甘味が強いだけでなく、大きいものは1粒で40gにもなるほどの大きさも特徴。

 あまおうの食べ方は、やはり生でそのまま堪能するのがおすすめ。水に弱いので、生食の際は、食べる直前に洗いましょう。甘味と酸味のバランスが取れているため、お菓子にしたり、ジャムなどに加工したりしてもおいしいですよ。

 あまおうの名前には「甘いいちごの王様になれるように」という意味も込められているそうです。王様と呼ぶにふさわしい、満足感のあるいちごをぜひ食べてみてください!


市内産のあまおうが食べられる認定店
和菓子舗 鮹松月

 和菓子舗 鮹松月は、生菓子、朝生菓子、赤飯、お餅を中心に販売している、創業1935年の和菓子店。

「いちご大福」280円(税込)
 あまおう本来の味を大事に仕上げたいちご大福です。使用する新鮮な大粒の博多あまおうは、プロの料理人が使用する食材を取り揃えた、「博多の台所 柳橋連合市場」の青果店から仕入れたいちごを、もっちりとした大福生地と少量の白あんを合わせ包んでいます。青果店に当日使用分で仕入れたいちごが無くなり次第、完売となります。販売期間は3月末頃まで。
 博多あまおうの魅力について、「上品な甘さの中に、香りと適度な酸味もあり、和菓子の餡、生地とほどよく合せやすい」と話してくれました。お客さんからも「いちごがおいしい」と好評とのこと。

店名:和菓子舗 鮹松月 (たこしょうげつ)
住所:福岡市中央区春吉1-4-2(柳橋連合市場内)
電話:092-761-5058
URL:https://takoshougetsu.business.site/



市内産のあまおうが食べられる認定店
県立美術館喫茶室

 県立美術館喫茶室は、令和4年1月末福岡県立美術館に新しくオープンした喫茶室。九大博物館の什器とサイフォンで丁寧に淹れたコーヒーで、ゆったりした時間を過ごせます。

「いちごのソイスムージー」550円(税込)
 オーガニック豆乳と志賀島のいちごだけで作る、身体にやさしいフレッシュなスムージーです。博多あまおうのくせのない甘みと甘い香り、かわいい赤色がおいしさを倍増させてくれるとのこと。

店名:県立美術館喫茶室
住所:福岡市中央区天神5ー2ー1
電話:090-9489-7444
URL:https://fukuoka-kenbi.jp/